こんにちは。2019年もスギテックブログをご覧いただきありがとうございます。スギテックは明日で2019年の営業は終了ですが、実質本日が2019年の仕事納めとなります。年末年始のスケジュールは以下となります。

◆年末年始休業期間:12月29日(日)~ 1月5日(日)
 新年の営業は1月6日(月)からとなります。

今年は4月30日で「平成」が終わり、5月1日から新元号「令和」になった歴史的な年となりました。しかし相変わらず国内では大雨や台風などによる災害が多く発生しました。こればかりは残念ながら人の願いではどうにもならない所でありますので、いつ災害が起きても迅速に危機対応ができる体制を整えておく事と、心構えが大事だということは皆様痛感されたことだと思います。どこにいても等しく可能性はあるので、継続的に備えはしていきましょう。

来年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、大会の成功とそこから更なる地域発展に繋がるようなレガシーが残せるイベントになることを祈るばかりです。

今年も建設業界に限らず、色々とテクノロジーなどの記事を書かせていただきましたが、どんな記事が人気だったのか?今年も1~10位までランキング形式でご紹介したいと思います。

2019年人気記事TOP10

第10位 建設現場を見える化する写真・図面管理システム

記事URL:https://www.sugitec.net/8347/


出典:Photoruction(CONCORE’S)

こちらは土木・建設現場で必要な図面や写真などのデータを効率的に管理でき、施工管理や資料作成など現場業務を効率化するクラウドサービス。同時進行中の複数現場も一元管理できます。電子納品にも対応。大成建設さんでも使用されているそうです。ちなみにアプリではなくウェブブラウザで動くので、どのような端末でもネットさえ繋がれば使えます。この柔軟さは他にはないでしょう。

第9位 株式会社ランドログが「LANDLOG」を正式リリース

記事URL:https://www.sugitec.net/8056/


出典:LANDLOG

コマツ・NTTドコモ・SAPジャパン・オプティムによる合併会社の株式会社ランドログが、建設業界の最適化を目的としたIoTプラットフォーム「LANDLOG」の正式リリース発表した際の記事。前年は第3位でしたがやや落ち着いたのか今年は第9位でした。

第8位 諦めていた小さな写真が大きくできる!便利なサービス

記事URL:https://www.sugitec.net/3920/

第8位。こちらは小さな写真を最大で10倍(有料だと16倍)まで拡大できるという、大きくしたい写真がある人にとっては正に救世主的なサービス「waifu2x-multi(ワイフ2xマルチ)」です。拡大にはAIが活用されています。写真が小さくて困っている方は無料で使えるので是非!

第7位 陥没の犯人は…誰だ!?

記事URL:https://www.sugitec.net/3751/

こちらは弊社が「建物外周のアスファルト陥没調査」に行った際の記事。明らかにアスファルトが陥没していたのですが、陥没箇所を掘り進めると…そこには意外な犯人が!!御覧ください。約3年前の記事になりますが、今年多くの方の関心を集めて7位にランクインです。

第6位 物体を丸ごとスキャンする驚愕のiPadアプリ

記事URL:https://www.sugitec.net/5338/

第6位は、iPadに取り付けるだけでiPadが3Dスキャナになってしまう「Structure Sensor」をより便利にするアプリの記事。このアプリで建物の室内を丸ごと3次元化できてしまいます。また、そのデータをアプリ内から開発会社に送信することで、$29で48時間以内にCADデータにしてくれます。

第5位 カメラ撮影で空間の3D化を可能にするシステム

記事URL:https://www.sugitec.net/7702/


出典:MatterPort

第5位は、建築物の屋内空間を丸ごと撮影し取り込んで3D化できるスキャナの話題。似たような物に「FARO」の3Dスキャンがありますが、点群データを取得する「FARO」とは違い、こちらは写真撮影のみで空間の奥行きまでを完全に取り込み、空間を自由に動き回れる3次元データとして取り込めるという製品。昨年は2位でしたが相変わらず皆様の関心は高いようです。

第4位 コンクリート表面から鉄筋を防錆できる画期的防錆材

記事URL:https://www.sugitec.net/7304/

こちらは他社様の製品となりますが、コンクリートの表面に塗布することで内側に浸透し、鉄筋の防錆ができるという画期的な製品。コンクリートを斫ることなく防錆ができるので、鉄筋の錆が心配な方はご検討してみてはいかがでしょうか?

第3位 現場より、地下防水工事の様子です

記事URL:https://www.sugitec.net/4173/

第3位は、当社で施工を行った某所での防水工事の様子をご紹介した記事になります。この防水工事ですが、ちょうど地下空間になる部分に対しての防水となり、地下からの漏水を防ぐ工事です。どういう工程で工事が行われていくのかをご覧いただけますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

第2位 紙、PDF図面を簡単にCADデータに変換できるシステム

記事URL:https://www.sugitec.net/9231/

第2位は紙図面やPDFデータ図面を、簡単操作でCADデータに変換できるソフトを紹介した記事。手書き図面や手書き図面をスキャンしたPDFデータに対しても対応しています。働き方改革で業務効率化ができるソリューションを探されている実情を反映した高ランクインと言えそうです。

第1位 自己修復コンクリートがついに市場に

記事URL:https://www.sugitec.net/8501/

そして2019年の第1位は、昨年と同じく「自己修復するコンクリート材」のご紹介記事となりました。相変わらず関心度の高い製品となっています。実際に施工された後の状況等がどうなのかが出てくるのはまだまだこれからだと思いますので、引き続き当ブログでも追っていきたいと思います。

まとめ

今年はドローン関連の記事を多く記載してきましたが、意外にもドローン関連の記事はランクインされていませんでした。3DやCAD関係の技術などがランクインされているのは時代の流れから言って順当ですね。

後は昨年とは違い、今年はスギテックで行っている施工現場での記事が2記事ランクインしてきているのが印象的です。このランキングに入る記事は平均で15,000PV~30,000PVあるのですが、約1,000以上ある記事の中からそこに入ってくるということは、徐々に当社の施工に興味を持って頂けているということでもあると思います。

2020年は、弊社での施工事例等の記事の更新頻度も増やしていきたいと思いますので、引き続きお付き合いのほどよろしくお願い致します。

本年もありがとうございました!

お陰様で事故や怪我もなく、社員一同全力で職務をこなすことができました。また、本年も多くのお客様、お取引先様、メーカー様、協力業者様にお世話になりましたこと、また新たなご縁が生まれましたことに心より感謝申し上げます。

引き続き2020年はこれまで以上により良い建築診断・改修、新しい技術によるサービスを提供できるよう邁進してまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。

新年の営業は1月6日(月)からとなっております。
年末年始休業期間中にいただいたお問い合わせに関しましては、1月6日以降に順次ご返答となりますことを予めご了承くださいませ。

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末の御挨拶とさせていただきます。

それでは、よいお年を。