こんにちは。以前に次世代ドローンとして、多くの賞を受賞した画期的なドローンの重心制御技術「4D Gravity®」を搭載したドローンを紹介しました。開発は「空に産業革命を起こす」をビジョンに掲げている株式会社エアロネクスト

重心制御技術搭載の次世代ドローンが量産化

2019.03.01

 

また、設備点検技術や、警備・監視など産業用ドローンのソリューション開発を行い「ドローンでの業務の完全自動化」を目指す株式会社センシンロボティクス

昨日、この2社が戦略的業務提携をするという発表がありました。ハードに強いエアロネクストとソフトに強いセンシンロボティクスの業務提携、次世代ドローンの具現化が加速しそうです。

次世代コンセプト「空飛ぶロボット」の実現に向け業務提携

両社は産業用ドローンの次世代コンセプトである「空飛ぶロボット(Flying Robots)」の具現化に向け、顧客・用途開発に関する戦略的業務提携を発表。


出典:エアロネクスト

業務提携の背景

日本の抱える社会課題としては、少子高齢化による労働人口の減少や高騰する人件費、危険区域での作業者の安全確保などが挙げられます。

産業用ドローンはこれら課題を抱える様々な分野での活用が期待されていますが、現実としてドローンは写真や動画を撮るという言わば「人間の目」としての用途のみに利用されていることが多いです。稼働性能に関しても短時間、短距離で、気象条件に左右されるという、限定的な条件下で使用しているのが現実的な状況。

現状が「空飛ぶカメラ」領域であるとすると、次世代ドローンに求められるのはその機能を活用し、人の代わりに複数の仕事を行う「空飛ぶロボット」です。

センシンロボティクスの自動航行プラットフォームである「SENSYN FLIGHT CORE」と、エアロネクストの「4D GRAVITY®」搭載の産業用ドローンを組み合わせることで、その次世代コンセプトである「空飛ぶロボット」を実現できるという両社の考えが一致し、今回の提携に至ったそうです。

センシンロボティクスの強み

日本が抱える社会課題に対し、自動航行プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」を中心とした「ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業を行うためのオペレーターの不足」や「育成・確保にかかる工数」の問題を解決するための様々なドローンソリューションを展開。


出典:センシンロボティクス「SENSYN FLIGHT CORE」

エアロネクストの強み

重心制御技術「4D GRAVITY®」搭載ドローンは、複数のペイロード搭載や、ペイロード位置が側面や上部に搭載しながらも安定的な飛行が可能。

またその安定性によるエネルギー効率の改善により長時間、長距離の飛行を可能にすることで飛行中に写真や動画を撮るだけの単一作業ではなく、複数の仕事を実施できます。


出典:エアロネクスト「4D GRAVITY®」

提携によるシナジー

センシンロボティクスが得意とする送電線、鉄塔、ダムなど広域にわたる社会インフラの保守や点検において、既存の産業用ドローンでは対応できなかった複雑な用途で「4D GRAVITY®」搭載ドローンを活用することで、同社の保有する顧客の具体的な要望に応じた提案・開発を行うことが可能に。


出典:エアロネクスト

両社は相互の技術と顧客・用途開発のノウハウを組み合わせて駆使することで、産業用ドローンの次世代コンセプトである「空飛ぶロボット(Flying Robots)」を具現化し、顧客の課題、社会課題の解決と、「ドローン前提社会の実現」に貢献していくとのこと。

まとめ

ドローンは写真や動画を撮る「人の目」としての用途が多い、という意見は成程その通りかもしれません。既存のドローン機体を用いてソフトの力でどう解決するかに注力してきた企業は多いと思いますが、そもそも前提として既存のドローンが抱えているハード面の問題に取り組んだエアロネクストさんのような企業は少ないと思います。

既存の機体構造に疑問を持ち開発された「4D GRAVITY®」では、既存ドローンの問題である飛行時間の短さや風への耐性の弱さ、信頼性への疑問などが解決されています。

そこにセンシンロボティクスのソフトウェア技術が組み合わさることで、これまでの産業用ドローンとは一味違うインパクトが生まれそうですね。今後の動きに注目です。