こんにちは。雨が降ったり止んだり寒くなったりと変化が激しいです。まだしばらくコートのお世話になりそうですね。年度末のところが多い今月ですが体調崩してさらに大変にならないよう気をつけましょう。

本日は以前から何度かご紹介していたKDDIさんの提供する「スマートドローン」のソリューションサービスが、いよいよ19年6月から提供開始するという発表が昨日にありました。


出典:KDDI スマートドローン

監視・土木・農業などに向け提供開始

スマートドローンとは、KDDIが持つ通信ネットワークを利用することで、より長距離で安全な運用を可能とするドローン。


出典:スマートドローン(KDDI株式会社)


出典:スマートドローン(KDDI株式会社)

通常は操縦者が操縦する限られた飛行範囲内でしかフライトはできませんが、広大なネットワークを使った自律飛行を行うことで途切れずに長距離を飛行することを可能とします。通信インフラを持っている強みと言えますね。


出典:KDDI

このスマートドローンのプラットフォームですが、用途別に分かれており、それぞれ「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」の5分野に特化したソリューションとして提供されます。各ソリューション概要は以下

各ソリューションの概要

広域監視


出典:KDDI

鉄道や道路などの広域となるインフラは、災害時に迅速な復旧の可否判断が求められます。そのためいち早い被害状況の確認が必要となります。スマートドローンを使い遠隔で現場を確認することで、それらの迅速な確認対応が可能となります。

監視センターでは遠隔でドローンの飛行ルートの設定、飛行の指示、飛行中のドローンの映像の確認などを一元的に行うことが可能。

鉄塔点検


出典:KDDI

鉄塔の周囲360°をドローンが自動飛行し撮影することで鉄塔の3次元モデルを生成し、そこから点検箇所を指定することで鉄塔点検用のドローンが、指定した角度と範囲でピンポイントに撮影することができます。さらに自動でデータ管理、点検レポートを作成することも可能。

風力点検


出典:KDDI

風力発電を行う風力タービンの周囲をドローンが撮影。位置情報や高度情報を元にデータの管理、レポートまでを自動的に行うことで、作業効率を大幅に向上し安全点検を実現。

測量解析


出典:KDDI

スマートドローン活用で得られる測量データ収集と、国交省推進のi-Constructionに対応した測量ソフト「Wing Earth(アイサンテクノロジー株式会社開発)」による大規模な3次元点群データの処理・解析により様々な施工管理システムに対応する出力結果を提供可能。

精密農業


出典:KDDI

株式会社スカイマティクス開発の葉色分析サービス「いろは」による農作物の生育管理、農薬散布サービス「はかせ」。これらをスマートドローンプラットフォームへ連携させることで、効率的散布ルートの作成と自律飛行での適所散布を実現。

まとめ

約3年前から開発が進められていたスマートドローンですが、いよいよ3ヶ月後には提供が始まります。19年度中にどこまで伸びてくるのか注目したいと思います。

また、今年9月からプレサービスとして開始される予定(商用サービスは2020年春)の次世代通信規格5Gにも対応するということです。5Gになるとより大容量で高速な通信が可能なので、ドローンで撮影される映像も4Kなどでより高精細なものになるでしょう。

そうなることでよりスマートドローンの活用範囲も広がってくると思われます。