こんにちは。2月も残すところ僅かで今週金曜日からはもう3月に入ります。そして4月1日には新元号も発表されますね。予想では安始(あんし)や安久(あんきゅう)など安という文字が含まれるものになるという意見が多いようですがどんな元号になるのでしょう。

変わるのはともかく政府や金融系などのシステム改修が心配ですね。昭和から平成に変わった時と今とでは社会のシステムへの依存度は全く違うので…。発表されてから変わるまでの1ヶ月でテストを完了させなければならないのは、エンジニアにとってはとてつもない不安しかないでしょう。何事もないことを祈る他ないですね。

さて、本日は最近ニュースなどにも取り上げられた、女性の塗装職人のみのチームが話題になっているそうなのでそちらをご紹介。

最大3ヶ月施工待ちの人気塗装企業

この話題の塗装チームですが、戸建て住宅などの外壁塗装サービスを展開している、神奈川県厚木市「ユーコーコミュニティ株式会社」の女性社員で構成しているチームです。

この企業は職人の半数以上が女性ということで業界としては非常に珍しいのではないでしょうか?(建築業界の女性職人比率は3%程度なのに対し、ユーコーコミュニティさんはなんと52%だそうです)


出典:ユーコーコミュニティ株式会社

現場の施工から管理までを全て女性のみで対応するチームということで、住宅に住んでいる奥様方も安心して工事を任せられるという所が評判で最大で3ヶ月も施工待ちになっているそうです。

一番の特長はアート塗装

このユーコーコミュニティさんは「塗装はアート」という特徴的な考えをもっておられその想いに美大生が共感した結果、美大生が職人となり現場で働いています。

そうです。女性塗装チームの大半は美大卒の職人で構成されており、アート塗装というサービスとして住宅などの外壁や室内にお客さんが希望する絵を描くそうです。


出典:ユーコーコミュニティ株式会社

個人的なもの以外でも店舗の集客目的や幼稚園、共同トイレなど幅広く需要が増加している人気のサービスになっているようで、これはさすが美大卒職人ならではのサービスと言えるでしょう。

お客さんには気軽さや安心感もあり

工事で気になる箇所があっても「男性の職人さんには言いづらい」「プライバシーが守れない」といった不安などを抱えるお客さんは少なくなかったそうですが、ユーコーコミュニティさんが取り組んでいる女性のみの職人チームによって、お客さんがそういった不安を抱えることなく安心して外壁塗装を依頼することができるようになります。

意外にそういう目に見えない不安や不満を抱えているお客さんは多いのでしょうね。確かに一般的に職人さんと聞くとちょっと怖いイメージがありますし、女性の職人です。と聞くだけで安心感があるのも確かです。

まとめ

このサービスの評判からユーコーコミュニティさんのグループ年商は22億まで拡大し、施工実績は1万件を超え現在も増え続けているとのこと。まさに破竹の勢いですね。

女性職人による安心感+美大卒職人によるアート塗装というサービスを加えることで、ただ外壁を塗装するだけではない新しい価値を生み出すことに成功している事例と言えます。

住宅などの場合、昨今ではどこも似たような外観の家が立ち並んでいることが多く個性がないと言えます。しかしアート塗装をすることで圧倒的な個性が出ますし、これが増えると街並みも楽しいものになりそうですね。

 

出典:PRTIMES「女性のみの外壁塗装チームで売上拡大!美大卒のアート塗装がご家族に大人気で、最大3ヶ月の施工待ちの人気塗装企業に